樺細工デザインコンペ審査結果をアップ致しました。

世界に類例を見ない工芸品

秋田県の代表的な工芸品の一つである「樺細工(桜皮細工)」は、安永年間〜天明年間(1775〜83)の頃に、角館を拝領していた佐竹北家の手判役、藤村彦六によって、阿仁地方から技法を伝えられたのが始まりとされ、佐竹北家の庇護のもと、下級武士の手内職として、この角館で育まれました。

 桜皮使用の工芸品は、有名な正倉院御物にもみられ、また、日本の古典文献である万葉集や源氏物語の中にも見出すことができます。古くは筆弓や刀の鞘などに使用されていました。

角館では印籠や胴乱などの製作から始まったと伝わってます。その後、明治維新を迎え、禄を失った武士たちが本格的に樺細工の製作に取り組み、やがて問屋制度などの流通も整備・確立され、博覧会への出品や、皇室への献上品としても採用されるなど、次第に商品価値の高まりを見せました。

 樺細工製品は、その桜皮の特質から、湿気を避け乾燥を防ぐ特性を持っており、喫煙具や茶入れ、また文庫などが特に喜ばれています。
 先達の技は、優れた工人達によって現代へと受け継がれ、昭和40年代以降、大きく花開きました。
 山桜の樹皮を利用するという、世界に類例を見ない一族一種の工芸品であるこの樺細工は、日本を代表する工芸品といっても過言ではないでしょう。どうぞ、樺細工の奥深い世界をご覧になってください。

最新情報&更新情報

2014.9.11 第3回 SAKURAクラフトコンペ審査結果をアップいたしました。

2014.7.7 sakuraクラフトコンペの詳細をアップしました。

2014.7.1 ホームページをリニューアルいたしました